脱毛処理は肌への刺激が強く、短期間に同じ部位で繰り返し行うと毛穴の炎症や肌荒れ、出血などの不具合に見舞われてしまうことがあります。無駄毛を綺麗に取り除いて美肌を保つ目的で行う脱毛処理であっても、過剰に繰り返すことで却って見栄えが悪くなってしまうので注意が必要です。特に脇や股間のように肌が柔らかく刺激に弱い部位は色素沈着や角質化などの重大なトラブルに発展しやすいことから、肌の状態をよく確認して脱毛処理のやめどきを見極めることが重要になります。
脱毛処理のやめどきは肌に大きな不具合が生じる前が最適ですが、同じ処理でも肌質によって不具合が生じる頃合いが異なります。また、毛穴が塞がって無駄毛が埋没毛になってしまうと肌の黒ずみが目立ってしまうことから、やめどきを早めに想定することが肌トラブルの回避に繋がります。
脱毛処理の影響で重大な肌トラブルが生じると殆ど自然治癒はしないので、皮膚疾患を専門に扱う病院で治療を受ける必要があります。脱毛による強い刺激で生じた肌トラブルは状態を改善させるのに時間がかかる他、治療行為も体への負担が大きくなります。そのため、脱毛処理を行う際は肌への負担が軽減出来るように処理後のスキンケアを必ず行うことが大切な心得です。